製品 & サービス

Planova™ 15N、20N、35N ウイルス除去フィルター

1989年からの実績を誇る、ウイルス除去フィルターのパイオニア

生物学的製剤からウイルスを除去するために開発された世界初の
フィルターとして生まれたPlanova™フィルターは、ウイルスろ過業界の
リーダーとしての確固たるポジションを有しています。30年近くにわたる
Planova™フィルターの一貫した性能ならびに品質は、生物学的製剤の
ウイルス安全性に貢献する、信頼できるウイルス除去フィルターとして
評価されてきました。

適応製剤

1989年に発売されて以来、再生セルロース中空糸膜のPlanova™フィルターは生物学的製剤業界における長い歴史を有します。当フィルターは、免疫グロブリンや凝固因子製剤のような血液製剤から、モノクローナル抗体のような組換え型タンパク質まで、様々な生物学的製剤の
ウイルス安全性の確立に貢献することにおいて、世界中のお客さまから信頼をいただいています。ウイルス除去フィルターのパイオニア
として、Planova™は長くお客さまに信頼をいただいています。

性能

幅広いアプリケーションに向けて、積み重ねた信頼

Planova™ 15N、20N、35Nフィルターは、その安定したろ過性能から、生物学的製剤のウイルス安全性の確立に貢献することにおいて、
長期にわたってお客さまから信頼をいただいています。

Planova™のユニークな中空糸構造が当フィルターの優れたろ過性をもたらしています。プラノバはSize exclusion(大きさによるふるい
分け)のろ過原理によってウイルスを分離します。タンパク質溶液は吸着などの物理化学的な性質に左右されずろ過膜を容易に通過する
一方、ウイルスはろ過過程で捕捉・除去されます。

セルロース膜本来の性質である親水性もまた、タンパク質の高い透過性を可能にしています。例えば、Planova™ 20Nフィルターは、血漿由来免疫グロブリン(IgG)や第VIII因子のような、分子量340 kDaまでのタンパク質に対して、高い回収率を発揮します。

Planova™は様々な製剤に対して高いろ過性能を発揮するため、複雑な最適化を必要としません。これは、スピーディーなプロセス開発を
目指すユーザーにとってメリットになります。

Protein Recovery Rates
Polyclonal IgG
(30 mg/mL)
Monoclonal IgG
(20 mg/mL)
Factor VIII
(100 IU/mL)
Planova™ 15N <90% >95% 20-80%
Planova™ 20N >95% >98% 20-80%
Planova™ 35N 100% 100% >95%

次の表では、Planova™フィルターを用いてろ過された様々な製剤のサンプルデータを一覧で示しています。このデータは、Planova™
フィルターが、様々な製剤の中のウイルス除去においてどれほど効率良く機能するかを示しています。

Planova™ 15N
TherapeuticsTest VirusSize (nm)LRVReference
mAb XMuLV 80-120 >6.4 Jpn J Apheresis. 16, pp.160-164 (1997)
IVIG B19 18-26 >6.1 Vox Sang. 90, pp.21-32 (2006)
IVIG EMCV 25-30 >5.8 Vox Sang. 90, pp.21-32 (2006)
IVIG BVDV 50-70 >6.3 Vox Sang. 90, pp.21-32 (2006)
C1 inhibitor CPV 18-26 >4.5 Biologicals. 35, pp.173-181 (2007)
C1 inhibitor BVDV 50-70 >5.5 Biologicals. 35, pp.173-181 (2007)
C1 inhibitor HAV 27-32 >4.9 Biologicals. 35, pp.173-181 (2007)
F-IX HAV 27-32 >6.0 Biologicals. 38, pp.303-310 (2010)
F-VII PPV 18-24 >4.6 Vox Sang. 84, pp.54-64 (2003)
F-VII JEV 40-50 >3.3 Vox Sang. 84, pp.54-64 (2003)
AT-III PPV 18-24 >5.3 Biologicals. 31, pp.165-173 (2033)
AT-III HAV 27-32 >4.5 Biologicals. 31, pp.165-173 (2033)
IFN-α B19 18-26 >4.0 J Intereron Cytokine Res. 21, pp.913-920 (2001)
Planova™ 20N
TherapeuticsTest VirusSize (nm)LRVReference
mAb MVM 18-24 6.9 Biotechnol Bioeng. 100, pp. 488-496 (2008)
mAb XMuLV 80-110 >3.1 Biotechnol Prog. 25, pp.483-491 (2009)
mAb MMV 18-24 >4.2 Biotechnol Prog. 25, pp.483-491 (2009)
IVIG PPV 18-24 4.37 Clin Exp Immunol. 157(1), pp.17-21 (2009)
IVIG EMCV 25-30 4.8 Am J Ther. 15, pp.435-443 (2008)
F-VIII B19 18-26 4.9 Vox Sang. 91, pp.119-125 (2006)
F-VIII PPV 18-24 >5.1 Vox Sang. 91, pp.119-125 (2006)
F-VIII HAV 27-32 >3.4 Vox Sang. 91, pp.119-125 (2006)
rF-VIII PPV 18-24 >7.0 Protein Expression and Purif. 115, pp.165-175 (2015)
rF-VIII HAV 27-32 >5.1 Protein Expression and Purif. 115, pp.165-175 (2015)
Rho(D) EMCV 25-30 4.8 Am J of Therapeutics. 15(5), pp.435-443 (2008)
Rho(D) PPV 18-24 4.1 Am J of Therapeutics. 15(5), pp.435-443 (2008)
Planova™ 35N
TherapeuticsTest VirusSize (nm)LRVReference
IVIG BPV 18-24 6.2 Results Immunol. 2, pp.19-24 (2012)
IVIG SV40 40-50 >5.0 Results Immunol. 2, pp.19-24 (2012)
IVIG BVDV 50-70 >4.9 Results Immunol. 2, pp.19-24 (2012)
IVIG B19 18-26 4.8 Vox Sang. 94, pp.184-192 (2007)
IVIG HAV 27-32 5.7 Vox Sang. 94, pp.184-192 (2007)
IVIG BVDV 50-70 >5.1 Vox Sang. 94, pp.184-192 (2007)
F-VIII BVDV 50-70 >5.3 Vox Sang. 91, pp.119-125 (2006)
vWF SV40 40-50 4.5 Vox Sang. 86, pp.100-104 (2004)
F-IX SV40 40-50 >7.8 Vox Sang. 67, pp.132-138 (1994)
F-IX Reo-3 60-80 >6.1 Vox Sang. 67, pp.132-138 (1994)

様々なプロセス最適化を可能にするロバスト性

ウイルスろ過性能におけるロバスト性とは、ろ過パラメーターが変化しても流速や容量が安定していることを意味します。高いロバスト性のフィルターを使用することで、ろ過プロセスの改善や最適化に必要なろ過条件を変更してもフィルターのパフォーマンスは安定します。この特徴は、プロセス開発のステージにおいてメリットとなります。


次のグラフは、異なる濃度の第VIII因子に対してPlanova™フィルターのろ過性能を評価するケースの事例を示しています。結果として、異なる溶液濃度に対してもPlanova™は安定でロバストなろ過性を発揮していることがわかります。

0620_27.jpg

Filippo Mori, Kedrion, 2017 Planova Workshop (adapted)

同グラフのもう1つの事例は、Planova™フィルターが異なるpH条件下でのpIが異なるmAbを用いた試験で、流量の低下がごく小さい、一貫
した性能を発揮していることを示しています。このロバスト性は、Planova™フィルターがプラットフォームフィルターとして最適であること
に繋がります。

0620_28.jpg

Josh Goldstein, Janssen, 2014 Planova Workshop (adapted)

安心できるウイルス安全性のための、ロバストなウイルス除去性能

生物学的製剤におけるウイルスを除去するために開発されたウイルス除去フィルターは、そのろ過性を変化する条件下でも維持することが
重要です。Planova™フィルターの長年蓄積された使用実績データは、当フィルターがろ過されるタンパク質溶液の負荷量、濃度、pH、イオン
強度といったパラメーターの変化にかかわらず、ウイルス除去性においてロバストであることを示しています。

以下のグラフでは、PPVスパイクのあるIgG溶液の濃度にかかわらず、Planova™ 20Nが4.0を超えるLRVを発揮していること、そしてこのLRVがろ過量にかかわらず安定していることを示しています。また、以下の表では、pHまたはpIの状態にかかわらず、Planova™ 20Nが高いLRVを
発揮することを示しています。このPlanova™フィルターの特徴は、生物学的製剤のウイルス安全性が確立されていることに貢献する上で鍵と
なっています。

Nseries graph 0607.jpg
NaCl conc. (mM)PPV LRVFiltration time (h)Filtration vol. (L/m2)Throughput (kg/m2)
1 ≥5.84 6.0 152 1.52
10 ≥6.34 6.0 200 2.00
100 ≥6.00 6.0 240 2.40
200 ≥5.67 6.0 220 2.20
500 ≥6.00 6.0 190 1.90

Filtration conditions: 10 mg/mL IgG, pH 4.5 | Serum-free PPV 0.5 vol% | Pressure: 78.4 kPa

pHPPV LRVFiltration time (h)Filtration vol. (L/m2)Throughput (kg/m2)
4.5 ≥6.00 6.0 152 1.52
5 ≥6.00 6.0 200 2.00
6 ≥6.00 6.0 240 2.40
7 ≥5.78 6.0 220 2.20
8 ≥6.09 6.0 190 1.90

Filtration conditions: 10 mg/mL IgG, 100 mM NaCl | Serum-free PPV 0.5 vol% | Pressure: 78.4 kPa

T. Hongo-Hirasaki et al., J of Membrane Science 278 (2006) 3-9.

オペレーション時の安定した性能に貢献する、一貫した品質

「信頼できる品質」とは、一貫した品質だけではなく、製品使用時に利便性を生み出すということも含まれると私たちは信じています。Planova™フィルターの、製品ロットもしくは膜面積サイズに左右されない性能や品質は、お客さまのスムーズなプロセススケールアップや、トラブルフリーな製剤の製造オペレーションに貢献します。


下記1つ目のグラフは、有効膜面積サイズにかかわらずPlanova™フィルターがスケーラビリティを発揮していることを示しています。一方、
2つ目のグラフは、フィルターの生産ロットにかかわらず、Planova™フィルターの一貫した流量を示しています。

0620_29.jpgのサムネイル画像

0620_30.jpgのサムネイル画像

AKB's internal data

Planova™フィルターの一貫した品質は、徹底した品質管理および出荷システム
によって実現されています。出荷に先立ち、各フィルターは必要なウイルス除去
能力を示すことを確認するための、厳しい品質管理を受けています。
旭化成バイオプロセスは、お客さまにお届けするどのフィルターにも誇りと
自信を持っています。

Manufacturer Integrity Test

Filter Inspection

ウイルスろ過のエキスパートによるテクニカルサポート

Planova™フィルターのユニークなデザインは、その取り付けや操作が難しいということはありません。Planova™ BioEXのモジュールは、追加のステンレススチール製ハウジングを必要とせず、設置しやすい設計となっています。

また、Planova™でのウイルスろ過の操作は簡単です。各フィルターは充填液が入っており、滅菌された状態で出荷されます。膜のウェット化が不要で、ろ過の準備も簡素化されます。

文献のページからアクセスできるサポートドキュメントの提供のみならず、旭化成バイオプロセスのテクニカルサポートチームが、プロセス設計、ならびに製品の設置、オペレーション、完全性試験等をすべてサポートします。製品の操作についてより深く知っていただくための
トレーニングも随時行っています。

Technical Support Service

Viral Clearance Study Service

また、Planova™フィルター操作の自動化をご希望のお客さまには、ウイルスろ過プロセスコントローラーウイルスろ過用ラックなどの装置をご提供し、お客さまのより正確かつ効率的なプロセスに貢献します。

仕様

仕様
Planova™ 15N, 20N, 35N1 and 75N2,3 Filter Material Specifications
Effective surface area (m²)4.01.00.30.120.010.001
Component
Hollow fiber membrane Cuprammonium regenerated cellulose
Housing and headers Polycarbonate
Sealant Polyurethane
O-rings Silicone
Nozzle plugs Silicone -
Nozzle caps - Silicone
Ferrule caps Polycarbonate -
Balloon cap holders Polycarbonate -
Gaskets Silicone -
Balloon caps Silicone -
Nozzle stoppers - Silicone -
Clamp bands Polysulfone -
Threaded clamps Clamp bolts - Polypropylene -
Clamp nuts - Polypropylene -
Pin bands - SUS304 -
Supplied as Filled with purified water4
Sterilization method Autoclaving
Packaging format Packed individually in sterilization bags
1 Planova™ 35N filters can be used as effective prefilters prior to final virus filtration with 15N or 20N.
2 Planova™ 75N filters are prefilters designed to remove impurities or aggregated proteins prior to final virus filtration and are not virus removal filters.
3 Planova™ 75N filters are only available in membrane surface areas of 1.0 m2, 0.3 m2, 0.01 m2 and 0.001 m2.
4 Purified water in 4.0 m2 filters contains NaCl (≤0.1%).

推奨操作条件
Suggested operating pressure
(transmembrane pressure)
≤ 98 kPa
Operating pH 3-9

完全性試験

Planova™の完全性試験は、ろ過で使用されたフィルターの完全性を確認するために実施
されます。お客さまには、Planova™ 15N、20N、35Nフィルターに対して、2種類の完全性
試験:リークテストおよび金コロイド試験を実施していただきます。この2種類の試験の
組合せによって、フィルターの欠陥の検出可能な範囲を最大化し、ウイルス除去プロセス
の安全性と信頼性を高めることができます。

次の表は、旭化成インテグリティ・テスト溶液キット、ならびにその部品のカタログ番号を示しています。ご発注の際は、 以下の番号をお伝えください。

Asahi Integrity Test Solution Kits
Product nameVolume (L)Catalog number
AGP-HA15 0.88 AGP-HA15M
0.11 AGP-HA15S
AGP-HA20 0.88 AGP-HA20M
0.11 AGP-HA20S
AGP-HA35 0.88 AGP-HA35M
0.11 AGP-HA35S

目的ウイルスのサイズに相当する金コロイド粒子を、フィルター膜に通して実施する金コロイド試験は、フィルターの孔径分布がろ過中に
大きく変わっていないことを確認するために、フィルター使用後に実施されます。


Asahi Gold Particle Test System-II(AGPTS-II)で金コロイド試験を自動化することもできます。このシステムは、Planova™の完全性試験の
オペレーションプロセスの効率をより高めることができます。

38.jpg

Visual Leakage Test

Planova™フィルターのもう1つの完全性試験であるリークテストは、空気拡散の原理を基とした簡単な目視リークテストで、膜から出てくる気泡を観察して行うものです。自動化が必要な場合はPlanova™リークテスターも利用可能です(有効膜面積0.1 m2以上のフィルターを対象としています)。 リークテストは2回実施していただきます。1回は、輸送中に発生し得る全体欠陥を検出するために、
ろ過前に実施していただきます。もう1回は、ろ過中に生じ得る欠陥を検出する
ために、ろ過後に実施していただきます。

次の表は、Planova™リークテスター、ならびにその部品のカタログ番号を示しています。ご発注の際は、以下の番号をお伝えください。

Planova™ Leak Tester
ProductCatalog number
Controller (with interface for US) PLT-AM10MU
Controller (with interface for Europe) PLT-AM10ME
Pneumatic Circuit Unit PLT-AM10K0
Tray Set PLT-AM10TS

プレフィルター

Planova 75N Pre-filters

Planova™ 75Nフィルターは、最終的なウイルスろ過の前に、不純物や凝集
タンパク質を除去することを目的につくられています。 このフィルターは、ラボ
スケールから製造スケールまでご使用いただける様々な表面積サイズでご用意
しています。

次の表は、Planova™ 75Nのカタログ番号を一覧で示しています。ご発注の際は、以下の番号をお伝えください。

Filter typeFilter effective surface are size (m²)Catalog number
Planova™ 75N prefilter 1.0 75F1-000
0.3 75NZ-300
0.01 75NZ-010
0.001 75NZ-001

付属品

Accessory typeApplicable Planova™ filter sizeCatalog number
Module header (B) 0.3 0.12 m² HEADER-B2
Module coupler 0.3 0.12 m² COUPLER-01

Header and Coupler

有効膜面積0.3 m2と0.12 m2のPlanova™フィルターの取り付けならびに接続を
サポートする付属品もご利用可能です。以下の表にカタログ番号を一覧で示して
いますので、ご発注の際に以下の番号をお伝えください。

カタログ番号

次の表は、Planova 15N、20N、35Nウイルス除去フィルターのカタログ番号を一覧で示しています。ご発注の際は、以下の番号をお伝え
ください。

Planova™ Filters
Filter typeFilter effective surface area size (m²)Catalog number
Planova™ 15N 4.0 15N4-000
1.0 15F1-000
0.3 15NZ-300
0.12 15NZ-120
0.01 15NZ-010
0.001 15NZ-001
Planova™ 20N 4.0 20N4-000
1.0 20F1-000
0.3 20NZ-300
0.12 20NZ-120
0.01 20NZ-010
0.001 20NZ-001
Planova™ 35N 4.0 35N4-000
1.0 35F1-000
0.3 35NZ-300
0.12 35NZ-120
0.01 35NZ-010
0.001 35NZ-001
Planova™ 75N (prefilter) 1.0 75F1-000
0.3 75NZ-300
0.01 75NZ-010
0.001 75NZ-001